先週の水曜日、出張で東京に行きました。

会議を終え、いろいろと所用を済ませ、さあ沖縄に帰ろうと羽田空港に向かいました。
羽田空港は、その日の午前に飛行機の前輪が外れるという事故があったため、なんだか騒々しい感じ。
いくらかは予想していたのですが、その事故のおかげで、ダイヤが大幅にずれ込んでいるとのこと。
結局、沖縄に向かう飛行機は30分遅れで出発しました。その時、午後8時20分頃。

飛行は穏やかで、僕はいつものようにのんびりと読書。

しかし、沖縄に近づくにつれて、なんだか少しずつ飛行機が揺れ始めました。
窓から外を見ると、真っ黒な雲の中を飛行中。そして雷。ピカ。機体がグラグラ。ピカ。グラグラ。

飛行機に乗って気分が悪くなるのは久しぶりでした。
それでも、到着予定時刻はもう少しなので、あまり気にしないで読書してることにしました。

ピカ。グラグラ。ピカ。グラグラ。

ふと時計を見ると、到着予定時刻を大きく過ぎています。
どうしたどうした。なぜ着陸しないんだ。とその時、

ピンポン。機長です。現在沖縄上空を飛行していますが、気象状態が悪く、上空を旋回しながら天候の回復を待っています。後20分から30分程で着陸態勢に入れる見込みです。

とのアナウンスが。
なんだよ、こんな状態を後30分も我慢しないといけないのかよ。ちょっと憂鬱。その時、午後11時頃。

ピンポン。当機は最終の着陸態勢に入りました。シートベルトを確認して下さい。

やった。もうちょっとで着陸だ。
それでも機体はグラグラ。雷はピカピカ。窓の外は大雨。ザーザー。
窓の外に那覇空港の滑走路が見えてきました。もう少しだ。

と突然急上昇する機体。グオー。
なになに?どうした?着陸は?

ピンポン。当機は着陸態勢に入りましたが、雨のため、どうだこうだ。
再度上空で待機し、天候の回復を待ちます。

それから10分程。

ピンポン。沖縄の天候の回復が見込めないため、当機は関西国際空港に向かいます。
苦渋の決断です。関西国際空港への飛行時間は1時間30分を予定しています。

え。関西国際空港?僕は那覇空港に降りたいんですけど。
しかも後1時間30分の飛行時間って。

機内は大ブーイング。

でも僕的には、今日の午前の前輪が外れる事故の件もあるので、着陸の判断を選ばなかった機長にちょっと男気を感じてみたり。

そんな訳で、関西国際空港に着いたのが午前1時頃。
まあ、何はともあれ、やっとゆっくり休めるよ。
で、僕はどこのホテルに泊まれば良いんですか?

ピンポン。地上係員からアナウンスです。近隣のホテルは満室となっていました。また、市内への交通の手段もありません。寝袋を用意致しました。申し訳ございませんが、ご了承下さい。

ご了承できません。
でも、天気のせいでこうなったので、スタッフに文句を言っても仕様がないので僕は言いません。
そのかわり、他の搭乗者が変わる変わる苦情の雨あられ。
スタッフにとってもとんだ災難なのに、ちょっとかわいそうです。

と前置きがかなりかなり長くなりましたが、そんな訳で、僕は初めて飛行場で一夜を明かしました。
勿論、眠れる訳も無く、パソコンにたまたま入れてあった映画をゆっくりと見たり、読書をしたり。

これはこれで、今思えば良い経験でした。

今思っても、機長が着陸を試みず引き返した決断は、素晴らしい決断だと思います。
それから数日間、沖縄は大雨が続き、この時期の降雨量を百何年かぶりに更新したとのことです。

kanku1

関空に着いたところ。





kanku2

眠る場所を確保したところ。





kanku3

次の日、沖縄に帰る飛行機を見て、ホッとしたところ。