先週の土曜日から1泊2日で福岡に行ってきました。
福岡で思ったことを少し。

仕事の用を済ませ福岡に住む昔からの友人に電話をする。
天神の地下街で待ち合わせることに。
約1年ぶりに会う彼はいつもどおり痩せっぽちで飄々としていて嬉しくなる。

そんな彼と親不孝通りやクリスマスツリーで彩る天神を歩き、居酒屋に入り、博多駅前を歩き、等々。
5時間位話しただろうか。
あっという間に時間が過ぎるとはこのことだね。
僕達は互いに照れ屋だから普段全く電話もしない。だから会うと話が尽きないね。

そして僕が何よりも嬉しいことが、昔からの付き合いだというのに昔話を殆どしないってこと。
それは、”昔”という時間よりも”今”と”これから”という時間を互いがとても大切にしているから。
そして、”今”よりも”これから”をもっと楽しくしようと目論んでいるから。

君は「最近はこれといって何にもやっていないよ。」とは言うけれど、「昔はこうだったから楽しかった。」とは言わない。
最近はこれといって何にもやっていない君と野狐禅の自殺志願者が線路に飛び込むスピードの歌詞について熱く語ってみた。
そういうこと。

「じゃあまたね。」と言って天神に向けて歩く君の後ろ姿を眺めながら、そろそろ僕の好きな冬が来るなと思った午前1時30分、福岡の夜。