レッツ・ゴー



それなら僕自身のカッコ良いということはどういうことなんだろうかと改めて考えてみることに。
ただ、論理的なカッコ良さの基準はその時々の気分でいろいろと変わるので、今回は分かりやすい見た目的なカッコ良さについて考えてみようかと。

流行のカッコ良いブランドの服で全身をガチガチに固めてみるのもカッコ良いし、シャープなスーツを身にまとい颯爽と街を歩くのもカッコ良いかもしれない。
だけど僕には洋服だけの善し悪しがカッコ良さを決めるのではないのかもしれないと思えてきた。

当然、人によって似合う洋服と似合わない洋服があると思うけど、それ以前に、自分が好きだと思う格好を本当に自分がしているかどうかってことが、カッコ良いかどうかを左右するとても重要なポイントなのではないかと考えた。

自分が好きだと思う洋服を着ていると、心もウキウキするし、そうなると何をしてても楽しい気分になる。
雑誌に載っているような頭からつま先までの完璧なコーディネートじゃなくて、好きな服を好きなように組み合わせて着る、そしてこの格好が好きなんだと胸を張る。後は少しの清潔感。

僕はそう結論付けてみるのも悪くないと思えてきた。

RANCIDのこのPVを見ていると、その考えはあながち間違っていないかもしれないと思えるし。

結局は自分が好きなものが何なのかを知ることが先ってことなんだなと。