息もできない [DVD]息もできない [DVD]
出演:ヤン・イクチュン
Happinet(SB)(D)(2010-12-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Tairaオススメ度:★★★★★

----------
世界が泣いた。世界が震えた。
国際映画祭、映画賞で25以上もの賞に輝いた魂の映画。

■世界が泣いた。世界が震えた。国際映画祭、映画賞で25以上もの賞に輝いた最高傑作!
プサン国際映画祭でワールドプレミアされるや観客・批評家の熱狂を呼び、ロッテルダムはじめ世界の映画祭・映画賞で、25を超える賞に輝いた今作。
2009年11月に開催された第10回東京フィルメックスにて、史上初の最優秀作品賞(グランプリ)と観客賞をダブル受賞!

■製作・監督・脚本・編集・主演、5役をこなしたヤン・イクチュン、鮮烈なる魂の映画。
本作は、俳優として活躍してきたヤン・イクチュンが自ら脚本を書き、資金を集め、製作にこぎつけた初の長編監督作品。
途中、製作資金に困り、家を売り払ってまでつくりあげたという、まさに『息もできない』はヤン・イクチュンの魂そのもの。
それは、物語はフィクションでも、映画の中の感情に1%の嘘もない、観客の胸を激しく揺さぶる作品となっている。

【ストーリー】
二人の時だけ、泣けた。
漢江、その岸辺。引き寄せあう二人の魂に涙が堪えきれない。
偶然の出会い、それは最低最悪の出会い。でも、そこから運命が動きはじめた……。
「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた二人。
父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる男サンフンと、傷ついた心をかくした勝気な女子高生ヨニ。
歳は離れているものの、互いに理由もなく惹かれあった。
ある日、漢江の岸辺で、心を傷だらけにした二人の魂は結びつく。
それは今まで見えなかった明日へのきっかけになるはずだった。
しかし、彼らの思いをよそに運命の歯車が軋みをたてて動きはじめる……。
----------

素晴らしい映画に出会えました。

いろいろなところで高い評価を受けていたこの映画を週末に観ました。

執拗な暴力や汚い台詞、痛々しく生々しい感情の描写。

決して見やすい映画ではありませんが、心に深く響く映画であることに間違いはありません。

家族とは、人と人との繋がりとは、愛とは暴力とは。

本当に素晴らしい映画だと僕は思います。