----------
今、この国の国民はどういう人生を送っているか、知っているのか?
テレビとパソコンの前に座り、そこに流れてくる情報や娯楽を次々と眺めているだけだ。
死ぬまでの間、そうやってただ、漫然と生きている。
食事も入浴も、仕事も恋愛も、すべてこなすだけだ。
無自覚に、無為に時間を費やし、そのくせ、人生は短い、と嘆く。
もっと言えば、まともに生活することもままならない人間が多すぎる。
彼らは無料の娯楽で、毎日を過ごす。テレビとインターネットだ。
豊富な情報と、単調な生活から生まれてくるのは、短絡的な発想や憎悪だけだ。
----------

ドキリとする言葉です。
果たして僕はこの言葉に反論できる生活をしているだろうかと。

その答えは、哀しいかな、哀しいかな、と。

そうではない。
と胸を張れるような日々を過ごしたいと心から思います。

そういうことを、この瞬間から意識していこうかと、そう思う訳です。