small_gwdtposterfinal

Tairaオススメ度:★★★

昨日、久しぶりに休みを取ることができたので、いかにも休日っていう一日を過ごしたいと考えた僕は、映画館で映画を観てきました。

今回選んだ映画がこの映画。

感想を結論から言いますと、やや不満です。

「誰がハリエットを殺した?」

というコピーからも分かるように、消えたハリエットの隠された真実を探し出すっていうことが物語の核となっていますが、それよりもその周りの事件の方がよっぽどショッキングなんだけどって僕は思う訳で、そんなにサラッと語られると逆に違和感があると言うか何と言うか。

しかもそのショッキングな事件の犯人の真相に迫ったかと思うと、いともあっさり退場させてしまうし。

なんだか、面白くなってきたところで、ハイおしまいって言われたような映画でした。

そして何よりも僕がガッカリした点が、この映画にモザイクがかかっているという点です。

モザイクをかける程強烈な性的描写ではないと思うし、モザイクをかけたことで、映画そのものの芸術性が地に落ちたような感を僕は受けました。

本当にがっかりです。

物語の最後の展開も意味不明だし。

美しい映像と前衛的な音楽、魅力的なキャスト。物語のもう少し深みがあればと僕は思いました。

今度は本を読んでみようと思います。