ラスト・ワルツ
柳 広司
KADOKAWA/角川書店
2015-01-16



Tairaオススメ度:★★☆☆☆

----------
シリーズ累計100万部突破の「ジョーカー・ゲーム」シリーズ!
疾走する特急車内、仮面舞踏会、ドイツの映画撮影所――。
加速する頭脳戦、ついに最高潮へ!
日本最高峰のスパイ・ミステリ!
華族に生まれ、陸軍中将の妻となるが退屈な生活に倦んでいる顕子。
米大使館で催された仮面舞踏会の会場で、なぜか、ある男のことがしきりに思い出された。
目に見えぬ黒い大きな翼を背負っているかのような、謎の男。
かつて窮地を救ってくれた彼と、いつか一緒に踊ることを約束したのだった。
だが、男のことを調べると意外な事実か浮かび上がり……(「舞踏会の夜」)。
疾走する特急車内。「スパイ殺し」を目的としたソ連の秘密諜報機関“スメルシュ"に狙われるD機関の諜報員を描く「アジア・エクスプレス」、ドイツの映画撮影所で、ナチスの宣伝大臣ゲッベルスと対峙した日本人スパイを描く「ワルキューレ」を収録。
"魔王"の異名を持つ結城中佐が作り上げた、スパイ養成組織"D機関"。
世界各国で展開する"究極の騙し合い"に生き残れ。
----------

このシリーズは全部読んでいるけれど、今回は今ひとつ面白みに欠けるそんな感想です。

裏の裏まで読んでいる、そんなスパイ活動ばかりがクローズアップされて、そもそもなぜそんなスパイ活動が必要なのかが今ひとつ伝わってこない。

それにD機関の優秀さだけが際立つばかりで、敵国はそんなにも無策で良いのかと逆に心配になってきてしまう。

個人的には、D機関と敵国のスパイ組織との対立も期待していたけれど、相変わらずD機関って頭良いよねってことに終始した物語だった。

そんな感想です。