ドンナ ビアンカ (新潮文庫)
誉田 哲也
新潮社
2016-02-27



Tairaオススメ度:★★★☆☆

----------
虫けら同然の人生で、初めて落ちた本気の恋。
それは俺に心からの幸福と、地獄を招いた――。
大手外食企業役員と店長が誘拐された。
練馬署強行犯係の魚住久江は、一課時代の腐れ縁・金本らと捜査に召集される。
だが身代金受渡しは失敗、切断された体の一部が送りつけられる。
やがて捜査線上に浮かんだのは、一人の中国人女性。
一課復帰を拒み所轄を生きる女刑事が、事件の真相を追う!
----------

姫川シリーズの猟奇的な事件や人間の闇を深く描く物語が好きなので、今回の魚住シリーズの人間味溢れる物語は少し物足りなさを感じてしまった。

それでも、最初から最後まで一気に読み込んでしまった。

誉田哲也は今僕が一番好きな小説家。

面白かった。