Tairaオススメ度:★★★☆☆

----------
雪に閉ざされた山荘。
そこは当然、交通が遮断され、電気も電話も通じていない世界。
集まるのはUFO研究家など一癖も二癖もある人物達。
突如、発生する殺人事件。
そして、「スターウォッチャー」星園詩郎の華麗なる推理。
あくまでもフェアに、真正面から「本格」に挑んだ本作、読者は犯人を指摘する事が出来るか。
----------

久しぶりに読んだ本格ミステリー。

犯人とトリックを見破ってやる。そう意気込んで読み進めることができるのは本格ミステリーの醍醐味。

そして僕は犯人を当てることができたかといえば、なんとできました。

途中1箇所、おやっと思わせる記述があって、そこから、そうかこの人も犯人から除外できないんだ。と思っていたところ、案の定という感じ。

ただ、この人の立ち居振る舞いの理由は結局なんだったのかとか、その人間関係は余計だし、そんな周知の事実を主人公が知らないってどういうこと、とか気になる点もちらほら。

それでも、読みやすい文体は一気に読めるし、それでいて本格ミステリーをしっかり楽しめた面白い小説だった。

本格ミステリーをもう一冊読みたいな。

そうだ本屋さんに行こう。