Tairaオススメ度:★☆☆☆☆

----------
異形のホラー作家が巨額の費用をかけ、造りあげた廃墟庭園。
そこでは行方不明者が続出し、遺体で発見される者も出て、遂に作家自身まで姿を消す。
その場所、<魔庭(まてい)>を訪れた映画関係者たちに想像を絶する恐怖と怪異が襲いかかる。
殺戮を繰り返す黒怪人とは何者なのか?
“庭”が“館”が襲いくるホラーミステリ!
----------

思わせぶりな描写を散々描いておいて、ほぼ一切回収しない。

そんな物足りなさだけが残った読後感。

ホラーなのかミステリーなのか、そんなことはもうどうでもよくなるくらいに中途半端な内容。

とても期待して読んだばかりに、正直がっかりです。

まあ、本のタイトルからしてB級感全開なので、期待した僕が間違っていたのだろうと。

たまにはこんなこともあるさと思い、次に出会える本はきっと面白いだろうと期待することにします。