IMG_0074




Tairaオススメ度:★★★☆☆

----------
出版社で働く派遣社員の倉本渚は、ある日AV女優連続不審死事件の容疑者が遺したルポ「アルテーミスの采配」を手にする。
原稿は猖佑枠反佑任呂覆ぁK榲の黒幕は瓩箸い告白の途中で終わっていた。
好奇心のあまり調査を始める渚だったが、やがて原稿に張り巡らされた罠に気付く――。
一頁目から無数の罠が読者を襲う、怒濤の一気読みミステリ。
----------

詰め込みすぎて、途中から読みにくくなった。そんな感想です。

物語の冒頭で、意味深に物語の語り手が入れ替わるところも、僕の理解力が足りないからなのか、その部分に何の意味があったのか今ひとつ分からないし、殺人の罪を被せられる人物の動機も不明瞭で、その設定には無理があるように思うし。

物語を読み進めれば読み進めるほど、そういう気になる部分が多くなって、結局最後まで物語に没入できず読み終えてしまった。

真梨幸子の作品は結構好きなので、期待して読んだだけに残念でした。

それでも、AV業界の裏事情はとても興味深くて、世の中にはいろいろな世界があるのだと改めて思い知らされた、そういう意味ではとても面白い小説でした。