----------
ごめんな友よ 俺はもう行くよ
居酒屋だけの意気込みじゃゴミだ
お前も本当は気付いているんだ
素面じゃ語れぬ夢は惨めだ
現実は辛い暗い 時に苦しい
それでも妄想よりは眩しい
本気を出したらヤバイ俺より
いつだって本気なお前がヤバイ
汗を千切る 涙ちょん切る
そびえ立つビルに桜散る散る
飲み干すビール 時間が過ぎる
この街で迎えた六度目の春
今年こそ?来年こそ?
何年生きれるつもりで生きてきたんだ
今日が終わる いや今が終わる
そう思えた奴から明日が変わる

真っ暗闇の未来に描き殴る
蛍光ペンを求めて
半径0mの世界を変える
革命起こす幕開けの夜

ヒップホップもロックもジャンルじゃない
それは魂の名前だ ギターが一本マイクが一本
俺等は俺等の道を行くだけ
俺は生きてるって感じでいたい
俺はここにいるってわかって欲しい
居場所はいつまでも原点
その点をでかくして行くだけ
悔しさの跡地で笑え
悲しい事さえロマンでうたえ
全ての事がうまく行くよりも劇的じゃねえか そっちの方が
一回二回負けた位で折れちまうプライドならもう捨てた
勇気や希望笑わない勇気
それだけが俺を運ぶぜ

真っ暗闇の未来に描き殴る
蛍光ペンを求めて
半径0mの世界を変える
革命起こす幕開けの夜

今まで恥ずかしかった事
夢や希望 真顔で語った事
今まで恥ずかしかった事
それを痛い寒いと言われた事
今まで恥ずかしかった事
身の程知れって言われた事
何より恥ずかしかった事
それを恥ずかしいと思った事
馬鹿にされない位に馬鹿になりたいよ
毎日毎晩 夢中でやってる
青タンこさえて綴る生活に誰にも何も言わせやしないと
暇さえあれば種を蒔いて 暇が無くたって水をやった
マイペースじゃ間に合う筈がねえ
だから癒しやゆとりの逆へ 逆へ
並ぶ白い目に頬っぺが落ちそうだ
焦りや葛藤 今日もありがとう
溜息後のヤバイをよこせよ
自信 確信ある筈もねえ だけど いやだからこそ
半信半疑を半殺すのさ それだけの日々を情熱と呼ぶ

真っ暗闇の未来に描き殴る
蛍光ペンを求めて
半径0mの世界を変える
革命起こす幕開けの夜
----------

MOROHAの歌が僕の心に突き刺さる。ズドンと真っ直ぐに。そして強烈に。

あまりにも真っ直ぐな歌に、身じろぎもできず。

何者にもなれた筈なのに、時間とともにその選択肢が減っていって、そうして僕は一体何になりたいのかも分からなくなって、ただ何者かになりたいという気持ちだけが残っている。そんな日々。

それが悪いことなのかどうなのかは分からないけれど、MOROHAの歌を聴き、震える心が残っていることに少しだけ安堵する。

何者になれるかなんて今はまだ分からないけれど、何者かになってやるという気持ちは、いつまでも荒々しく持っていたいと。

この曲を僕と遠く離れた君に送るよ。

この曲に出会えたことを僕は心から嬉しく思う。